雷神用無線式開閉センサー(マグネットセンサー)

雷神無線式開閉センサー
住宅のドアや窓、玄関の開け閉めを監視する防犯センサーです。

 

住宅の出入り口以外に金庫、薬品庫、冷凍庫、冷蔵庫、ロッカーなどの防犯監視にもご利用いただけます。

 

磁気センサースイッチを無線信号発信器機を内蔵した、超小型検知ユニット。
扉や窓の開閉を検知し、コントローラーに向けて無線信号を発信します。

 

電波を発信する際は中央部のLEDランプが点滅し、無線信号を送ったことを目で確認できます。

 

 

磁気センサーを使っています。
以下の小型磁石とセンサー本体が1センチ以上離れると、扉や窓が開いたと認識します。
標準の小型磁石

 

 

電源はボタン電池(CR2032)で、ホームセンター等でお求めいただけます。
電池寿命は1日数回送信で約2年間です。電池の交換は両面テープを剥がすことなく簡単に行えます。

 

 

センサー本体と磁石には両面テープが付属しています。ドアや窓に付属の両面テープで貼り付けます。テープは工業用の強力なものです。
無線式開閉センサー本体と磁石の裏面に両面テープが張り付いています

 

 

センサー本体サイズ:縦約79ミリ×横31ミリ×厚11ミリ 重量約23グラム
磁石のサイズ:縦25ミリ×横10ミリ×厚5ミリ
電池残量確認用赤色LED付き。
日本製

 

雷神ホームセキュリティのお問い合わせはこちらからどうぞ。

 




雷神ワイヤレス防犯セキュリティシステムのショッピングカート。機器の価格はこちらをご覧ください。

取り付け方法

開閉センサー本体とマグネットは、窓や扉をぴったり閉めたときにお互いに接触するような位置関係で貼り付けます。 サッシの枠側の側面に開閉センサー本体を両面テープで貼り付けます。

 

開閉センサーとマグネットは、 商品に添付の説明書を参考にして正しい位置関係で設置してください。 センサー本体とマグネットの間に隙間が空いていると誤動作の原因になります。

 

開閉センサーを窓につける場合、防犯上、クレセントの鍵から離れたサッシの上部にセンサーを貼ると防犯上効果的です。 また結露のひどい場所では必ずサッシの上方に取り付けてください。

 

扉や窓を開いて開閉センサーと磁石が離れると、センサー中央の赤色LEDが点滅します。開閉センサーを設置の際は必ず確認してください。

 

 

ご注意点
開閉センサーの電波はアンテナが地面に垂直に立っていると遠くまで届きます。

 

開閉センサーの無線送信能力を充分に発揮させるには、貼り方があります。開閉センサーの中の回路基板にケースの長手方向に沿ってアンテナが作られています。電波はアンテナが地面に垂直に立っていると遠くまで到達しますので、できるだけ横にして取り付けないようにしてください。

 

ドアに付ける場合も地面に垂直に付けます。マグネットをドアの動く方に付け、センサーの方を動かない梁に付けます。送信機の付いているセンサーをドアに付けると、ドアの回転と一緒に送信をすることになりますからコントローラーに電波が届くにくい現象が起こります。

 

鉄製の扉の場合、アンテナが鉄板に近接していると送信能力が低下しますので、どうしても鉄製のドアに付けなくてはならない場合はセンサーと扉の間に樹脂などの厚み約5〜10mmほど板(スペーサー)を間に入れて取り付けると影響を小さくすることが出来ます。

 

曇ガラスなど、ガラス面に凹凸がある場合は接着剤(エポキシ系)を併用してください。

 

在宅中の防犯対策にもご利用いただけます。

在宅中の防犯対策にもご利用いただけます

 

一人暮らしの女性の在宅時や就寝中の空き巣、痴漢、不審者の防犯対策に。

 

少し窓の隙間を空けた状態で警戒モードにする事ができます。

 

在宅中の無線式開閉センサーの利用方法の例。両開き窓の場合。一人暮らしの女性の在宅時や就寝中の空き巣、ストーカー、痴漢、不審者の防犯対策に。

 

就寝中の空き巣、ストーカー、痴漢、不審者の防犯対策

 

センサー本体は窓の交差する部分に1個取り付けます。
磁石は、
1.窓を締め切ったときにセンサーに接触する位置、
2.窓を数センチ半開きにしたときに接触する位置、
の2箇所に両面テープで貼り付けます。

 

窓を閉め切った状態と、少し隙間を作った状態の2箇所で防犯センサーを警戒モードにする事ができます。
在宅中の防犯対策にも防犯センサーをご利用いただけます。痴漢やストーカー対策に。
在宅中の防犯対策にも防犯センサーをご利用いただけます。痴漢やストーカー対策に。

 

雷神コントローラーが警戒モード中、窓の状態が締め切った状態から開かれた状態に移行したとき、もしくは、数センチ隙間の開いた状態からさらに隙間が広がった時にコントローラーは警報音を発します。

 

 

夜間無人になる事務所や工場などと住宅が決定的に違うのはそこに人が住んでいるということです。就寝中の防犯対策として 防犯センサーを警戒モードにしたままお休みになることができる商品をおすすめします。

 

 

ご注意
事業所などでよく使われる赤外線センサー(人感センサー)を住宅内に設置して 夜間に警戒モードにすると、どうしても家人の方もセンサーに引っかかる確率が多くなります。
使い勝手が悪くなってしまいますので、開閉センサー(ドアセンサー、マグネットセンサー)をメインに、プランをご検討される事をおすすめいたします。

 

無線式開閉センサーの両開き窓や両開きドアへの取り付けイメージ

結露対策と防犯対策をかねて、開閉センサーはサッシの上の方に貼り付けてください。
開閉センサーの位置はクレセントの鍵から離れた場所が防犯上おすすめです。
ドアの場合も同様になります。

 

ガラス面にマグネットを貼り付けてください。

 

両面テープで貼り付ける前に、窓を締め切った時に、センサー本体の接触面と磁石が密着する位置を決めます。
マグネットを窓の中央上部(クレセントの鍵の上の方)の外側サッシに内側ガラス面に付属両面テープで貼り付けます。

 

マグネットを窓の中央上部(クレセントの鍵の上の方)の外側サッシに内側ガラス面に付属両面テープで貼り付けます

 

 

マグネットをセンサーの位置がすぐ隣になるようにサッシ側面に開閉センサー本体を貼り付けます。
開閉センサー本体の接触部分とマグネットの間の隙間が1センチ以内になるように、開閉センサー本体をもう一方の内側のサッシの側面部分(クレセント取付面)に付属両面テープで貼り付けます。

 

マグネットとセンサーはぶつからない程度にできるだけ近づけてください。センサー本体は縦に設置してください。
マグネットをセンサーの位置がすぐ隣になるようにサッシ側面に開閉センサー本体を貼り付けます
窓や扉が開いたときに、開閉センサーとマグネットが離れるようにセットします。

 

 

開閉センサーを引き違い窓に設置する例。真上から見たイメージ図です。
開閉センサーを引き違い窓に設置する例。真上から見たイメージ図

 

 

引き違い窓に開閉センサーを取り付けた写真。
引き違い窓に開閉センサーを取り付けた写真

 

 

窓を閉め切った状態で引き違い窓のガラス側に磁石を両面テープを剥がして貼り付けます。
その上から磁石に被せるように開閉センサー本体を両面テープを剥がして窓枠側に貼り付けます。
引き違い窓に無線式開閉センサーを接着するイメージ図
引き違い窓に無線式開閉センサーを接着するイメージ図

無線式開閉センサーの片開き窓や片開きドアへの取り付けイメージ

片開きドアに取り付けるイメージ図
片開き扉に無線式開閉センサーを取り付けた写真。扉を閉めると磁気センサー部分に磁石が密着するように扉に貼り付けます。

 

片開き扉に無線式開閉センサーを取り付けた写真

 

ドア(動く方)に付属の両面テープで磁石を貼り付けます

 

 

1.ドア(動く方)に付属の両面テープで磁石を貼り付けます。
※両面テープで貼り付ける前に、窓を締め切った時に、センサー本体の接触面と磁石が密着する位置を決めます。

 

 

開閉センサーの接触面が磁石から1センチ以内になるように開閉センサー本体をドア枠(かもい)に両面テープで接着します

 

2.開閉センサーの接触面が磁石から1センチ以内になるように開閉センサー本体をドア枠(かもい)に両面テープで接着します。

 

互いに触れない程度にできるだけ接近させてください。センサーは縦に設置してください。
開閉センサーの接触面が磁石から1センチ以内になるように開閉センサー本体をドア枠(かもい)に両面テープで接着します

 

 

3.ドアが開くとセンサー本体と磁石が離れ、開閉センサーが反応状態になり電波が送信されます。

 

その際に中央の送信確認ランプ赤色LEDが点滅しますので確認してください。

片開きのスライドドアへの無線式開閉センサーの取付イメージ

ドアの真上から見たイメージ図。

 

ドアの枠側に開閉センサー本体、スライドして動く方に磁石を取り付けます。
ドアが閉まったときに磁石と開閉センサーの矢印のついた磁気センサー部分が接触するように、付属の両面テープで固定します。

 

片開きのスライドドアへの無線式開閉センサーの取付イメージ

左右にスライドする両開きの引き戸に無線式開閉センサーを設置するイメージ

左右の扉を閉め切った時に、真ん中で接触する中央の部分に、一方に磁石、もう一方にセンサー本体を設置します。
磁石とセンサー本体が離れると、引き戸が開いたとセンサーが認識します。

 

左右にスライドする両開きの引き戸に無線式開閉センサーを設置するイメージ

 

オプション品の大型マグネット

扉や窓の形状で磁石と開閉センサーの間に隙間や段差ができる場合は、磁力の強い専用の大型マグネットを使用すると、少し段差や隙間があってもセンサーに磁力が届きます。

 

大型磁石
大型マグネット(追加オプション品)
サイズ 縦50ミリ×横15ミリ×高さ15ミリ
磁力は最大3センチ先まで届きます。

 

大型磁石裏面の接着用両面テープ
大型マグネットの裏面には接着用の両面テープが付いています。

 

開閉センサーへの質問リンク

質問 BBeeホームセキュリティ用の防犯センサー1個を購入したいです。
雷神ホームセキュリティはBBeeホームセキュリティと別商品ですが、一部の機種のBBeeホームセキュリティの防犯センサーと互換性がございます。雷神の防犯センサーを現在利用中ののBBeeホームセキュリティ警報機に登録してご利用いただくこともできます。
センサー単品でのご注文を承ります。ご利用中のBBee警報機のタイプを明示の上、個別にご相談ください。

 

質問 無線式開閉センサーの赤いLED
警戒モード中は常時点灯、開閉時に点滅、セキュリテイーOFF時(解除モード)には消灯と言うことで良いのでしょうか?
→窓と扉の監視用の無線式開閉センサーの赤色LEDは、窓を開け閉めしたときに、一瞬チカチカと点滅します。
LEDの点滅は、コ
ントローラーの警戒モード、解除モードに関係無く点滅します。LEDは電池切れ確認用のランプを兼用しています。

 

質問 無線式閉センサーは警戒モード中に誤作動がおきることはありますか?
無線式開閉センサーは特殊磁石を使っているので誤作動は少ないセンサーです。ただし、センサー本体と磁石が対になっていますので、 窓や扉の形状で隙間が空いたり、引き戸の場合に風などの影響で隙間が広がったりする場合は誤作動の出る可能性があります。その場合、オプションの大型磁石を使うと誤作動は起こりにくくなります。

 

質問 開閉センサーの本体側を片開きドアの枠側ではなくドアの動く方に、磁石をドア枠につけてもいいですか?
以下のように設置してください。付属の両面テープで固定できます。
開閉センサー本体 →固定されたドア枠側
磁石 →ドアの動く方

 

質問 鉄格子の入った窓はどのような防犯対策をどうすればいいでしょうか?
頑丈な格子で、かつ、格子を壁に固定してあるネジ山の頭をつぶして、 格子をドライバーで取り外せなくしてあれば、防犯効果はかなり高まると思います。ただし、表通りや隣近所から全く見えない死角になる窓、 多少大きな音を立てても周囲にわからないような場所の窓には、やはり開閉センサーなどの防犯センサーを設置することをおすすめします。

 

質問 両面テープで固定する開閉センサーが窓や扉から接がれ落ちたりしませんか?
開閉センサーに付属する両面テープはたいへん強力な工業用を使っております。長期間直射日光にさらされるような場所でも、接がれ落ちる事はほとんどありません。

在宅中、夜間の防犯対策に。

夜間無人になる事務所や工場などと住宅が決定的に違うのは、 そこに人が住んでいるということです。就寝中の防犯対策として 防犯センサーを警戒モードにしたまま、お休みになることができる商品をおすすめします。

 

事業所などでよく使われる赤外線センサーは、夜間警戒モードにするとどうしても家人の方もセンサーに引っかかる確率が多くなります。

 

そのために、セキュリティシステム全体の使い勝手が悪くなってしまいますので、開閉センサー(ドアセンサー、マグネットセンサー)をメインに、プランをご検討される事をおすすめいたします。

 

不在時に空き巣に遭わないようにするのは当然ですが一番大切なのは命です。就寝後に襲われるなどの危険を想定しながら、まず人身に危険が及ばないようにするのを最優先にプランを検討しましょう。

 

トップへ戻る